オナホール・オナニーグッズレビュー

A10サイクロンSAプラス購入レビュー!!【口コミ&評価も】

 

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)を購入しました。

A10サイクロンSA+PLUS外箱

A10サイクロンSAプラスの購入先はNLSです。だれにもバレずに注文&入手ができました。

わ た し
これで残業のつらいハイシーズンも大丈夫です。残業しても家に帰ればアイツが俺を癒してくれる、マジでそう思うようになったからです。A10サイクロンSA+PLUSに感謝です。

A10サイクロンSAプラスのいろいろをまとめてレビューします。

A10サイクロンSAプラスのスペック表

  A10サイクロンSA+PLUS(プラス)の概要
発売日 2018年7月25日
本体サイズ 全長293×全幅116×高さ116mm
本体重量 1,400g(ホールをのぞく)
連続稼働時間 約2時間(使用状況によって前後あり)
充電時間 約5.5時間
電源・電圧 USB充電(1A以上推奨)
付属品 取説(体験動画QRコードつき)、A10サイクロンSA専用ホール「メデューサ」、micro USB充電ケーブル、VORZEスムースローション50ml
わ た し
スペック的にはすでに旧A10サイクロンSAで完成されており、A10サイクロンSA+PLUS(プラス)本体に大きな変更点はありません。

 

※旧A10サイクロンSAは販売終了となっており新品購入はできません。

 

旧A10サイクロンSAからの変更点は以下の3点(実質の値下げに)

このA10サイクロンSA+PLUS(プラス)になっての変更点は、

  1. エントランスキャップ(フタ部分)がシリコンパーツからプラパーツへ
  2. 充電方式がmicroUSBケーブル・タイプBへ
  3. 専用ホール「メデューサ」が付属

これら3つは汎用性の高さ、メンテナンス性の向上に一役買っています。専用ホール1個(税込2,750円)が付属し実質の値下げになりました。

 

充電方式がmicroUSBケーブル・タイプBへ

A10サイクロンSAプラスになり充電方式が見直されました。

A10サイクロンSA+PLUSの底と充電差し込み

旧A10サイクロンSAの充電方式は専用のACアダプターを介してでしたが、A10サイクロンSAプラスはmicroUSBになりました。

 

これによりPC接続での電源供給、スマホ用充電機器を利用してのバッテリーチャージができるようになりました。※充電しながらの使用もOK。

microUSBケーブル

※専用ケーブルも付属します。

 

専用ホール「メデューサ」が付属

A10サイクロンSAプラスには専用ホールの「メデューサ」が付属します。

付属する専用ホール「メデューサ」

うれしいケース(パッケージ)付き。

 

A10サイクロンSAプラスはアダルトVRと連動し自動でアクションします

A10サイクロンSAプラスはアダルトVRの映像といっしょにアクションしてくれる機能があります。

わ た し
時代もついにここまできた!と感じます。なにかに転用できないかと思うレベルのもの。これはもう未来のデバイスです。

参考あのAV男優のレジェンド・森林原人さんがA10サイクロンSAプラス&U.F.O SAのダブルで体験されているコラムがありますNLSの「オナニー廃人極注意! 夢のバーチャル・リアリティが現実になったぞ!!!」というコラムです。

 

…で、どんなアダルトVRでも連動できるか?というとそうではありません。

 

連動できるのはアダルトフェスタにある連動対応作品のみです。FANZAやMGS動画は連動できません。

 

じつは無料で連動対応のアダルトVR作品がたのしめます。

  1. A10サイクロンSAプラスの取説記載のQRコード
  2. アダフェスVRのこちらのサンプル動画

で連動機能がすぐたのしめます。※いずれの動画も30分オーバーの長編モノでガッツリ動きます。

 

A10サイクロンSAプラスってどんな仕組みなの?

A10サイクロンSAプラスはサイクロンの名のとおり「回転式」のアクションです。ふつうのセルフオナニーでは味わえない快感が味わえます。

A10サイクロンSA+PLUSのコントロール

わ た し
本体に操作ボタンがあり以下のアクションをコントロールできます。
  • パターン=7種類
  • スピード=7段階
  • 一時停止(白いボタン)
  • 電源オン・オフ(長押しでオフ)

7パターン×7スピード=49種類のアクションがたのしめます。

 

A10サイクロンSAプラスは「専用ホール」を本体に装着してたのしむ仕組みです。

 

A10サイクロンSAプラス専用ホールは毎年コンスタントにリリースされています。15種類ほどある専用ホールの一覧はこちら。

 

別売りの専用ホールは個々にしかない快感がたのしめます。

 

必要なものは?

アダルトVRとの連動機能を楽しみたい場合は、

  • A10サイクロンSAプラス本体&専用ホール
  • スマホ、PC
  • ローション
  • アダフェスVR対応のVR再生アプリ(4DMEDIAPLAYER、Dimension Player)
  • VRゴーグル(スマホ、PC用)

が必要です。

 

※PC接続されたい方は専用の無線アダプターが必要です。

 

A10サイクロンSAプラスに専用ホールをセットする手順

A10サイクロンSA+PLUSの中身

インナーカップ(黒色)に専用ホールを装着

インナーカップをA10サイクロンSAプラス本体に挿入

フタをする。これでOK。

 

マグネット式のためパーツの脱着がとてもスムーズです。

わ た し
パーツを本体に絞め込んだりハメ込む必要はありません。つかい終わったら逆の手順でホールを取りだして洗浄できます。

 

A10サイクロンSAプラスとVR機器を接続する手順

スマホ、PCは機器のスペックがプレイヤーに対応していることが前提です。

※くわしくは→わたしのスマホで大丈夫?VRアプリ対応&スペック表

 

スマホ&Dimension Player

Dimension Playerをインストールしログインします。

A10サイクロンSAプラスの電源を入れます。

Dimension Playerメニューの「Setting」→「周辺機器」→「SEARCH」をタップ。

 

あとは自動で接続されます。接続されると「CycSA」と表示されます。

 

表示がでたら完了です。

 

スマホ&4DMEDIAPLAYER

4DMEDIAPLAYERをインストールしログインします。

A10サイクロンSA+PLUSの電源をいれます。

4DMEDIAPLAYER左側メニューの「設定」→「Bluetooth」をタップで自動で接続されます。

 

「接続済み A10サイクロンSA(デバイス)」と表示されたら完了です。

 

VRヘッドセット(例:DPVR-4D)

DPVR-4Dの電源を入れる。

A10サイクロンSA+PLUS(プラス)の電源を入れる。

DPVR-4Dメニューの「Bluetooth」へ行き、「川」のようなマークをタップ。

デバイス検索がはじまりますので「CycSA 接続済み」と表示されたら完了です。

 

PC&Dimension Player

無線アダプターをPCに接続します。

VORZE公式HPの「ダウンロード」より「USB無線アダプタ用ドライバー」(zipファイル)をダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍しドライバをPCにインストールします。※ドライバは32bit、64bitありますのでご自身の環境に合わせて選びます。

ディメンションプレイヤーを立ち上げてからA10サイクロンSAプラスの電源を入れます。

プレイヤー側のBluetoothを選択するとデバイス検索がスタートします。

画面に機器名が表示され、本体ランプが青色に変化したら完了です。

 

PC接続方法の参考=A10サイクロンSA - アダルトVRに連動する疑似体験オナホール

 

A10サイクロンSAプラスにあると便利なものってある?

 

スタンドベーシック

私事で恐縮ですがスタンドベーシックをA10サイクロンSAプラスといっしょに買いました。

わ た し
スタンドベーシック所有で重量問題はクリアされました。角度固定もできます。

スタンドベーシック水平時

スタンドベーシックの詳細や使い方についてはこちらの記事をどうぞ。

 

※備え付けタイプのスタンドベーシックに対して、上からつりさげるタイプの「Jフック・セミトライアングル・ダブル」という商品があります。

Jフック・セミトライアングル・ダブル
Jフック・セミトライアングル・ダブル

わ た し
Jフック・セミトライアングル・ダブルは税込572円と安価なのがうれしいですね。このようにつり下げタイプでの固定も選べるようになっています。

 

アダフェスVR特化のVRヘッドセット

アダフェスVR特化のVRヘッドセット=DPVR-4Dです。

DPVR-4Dのアップ

ガチでアダルトVRを楽しむなら持っておくべきVRゴーグルです。

わ た し
DPVR-4DはスタンドアロンVRゴーグルのメリットは軽量かつ大容量バッテリー搭載で連動動作に長けていること。Oculus Goの弱点だったストレージ量の貧弱さもSDカード対応により解決しています。

 

アダフェスVR視聴に特化したメニュー画面と機能性をもち、VR再生アプリ不要でVRAV視聴ならびにA10サイクロンSAプラスと接続、動作します。

 

DPVR-4Dはタッチパネル搭載でリモコン不要。大容量バッテリー搭載で長尺モノもラクラク再生。重量もVRゴーグルでは最軽量クラスでとても軽いです。

 

ちなみにDPVR-4Dが最新機器です。2020年発売。スペック的なベースはOculus Goです。

 

DPVR-4Dのアイキャッチ用

DPVR-4D

Oculus Goアイキャッチ用

Oculus Go

解像度 2,560×1,440 2,560×1,440
リフレッシュレート 72Hz 72Hz
視野角 96° 不明
本体重量 410g 468g
バッテリー 最大5時間(4000mAh搭載) 2時間弱(2600mAh搭載)
その他 眼鏡したまま装着可能、カードスロットありで標準SDカード対応(アダプターでmicro SDにも対応)、側面タッチパネルありでリモコン不要、Bluetooth 4.2搭載、イヤホンジャックあり(φ3.5mm)micro USB Type-Bあり 生産終了品・Oculusストア販売終了(新品入手不可)、リモコン付属(単三電池×1必要)

Oculus Go(+Dimension Player)もサイクロンに対応していますが、Oculus Goはすでに販売終了品のため同系デバイスのDPVR-4Dを選ぶ方も多いようです。

 

専用ローション

付属のローションミニボトル

容量にして2~3回分のミニボトルのローションが同梱されていますが、別途ローションを用意しておきたいところ。

 

※私事で恐縮ですが、メーカー純正品で専用設計のVORZEスムースローションをいっしょに購入しました。

ミニボトルとローション

 

無線アダプター

旧A10サイクロンSAプラスでは同梱されていた専用の無線アダプターが別売りとなりました。アフターパーツとしてこちらで入手できます。

 

無線アダプターはOculus LinkもふくめたPC接続をするために必要です。

専用の無線アダプター

参考アダルトフェスタVR「VR+1Dグッズ連動を使用する方法」の項目より。

 

無線アダプターはA10サイクロンSAプラス&U.F.O SAのどちらでもつかえる共通仕様です。

 

A10サイクロンSAプラスのサイズは?重量は?動作音は?

A10サイクロンSA+PLUS一式

・大きさは?

全長:29.3cm

全幅:11.6cm

高さ:11.6cm

※公式HPより参考。

 

控えめに言ってもサイズは大きめに感じます。

 

サイズ面でもふつうのオナホを凌駕しています。圧倒的な迫力を感じます。

 

よく表現されているのは1.5リットルペットボトルのよう。幅もそれなりにありストロングです。

 

重量は?

本体重量1,400g(ホールをのぞく)

 

1,400gを例えると我が家の大根1本半という感じで重さもしっかり。

 

この面からも安っぽいプラスチッキーな製品ではないことがわかります。

わ た し
気になる方はスタンドベーシックやJフック・セミトライアングル・ダブルで重量面を解決できます。(工作がとくいな方はPCアーム類を加工した自作スタンドもアリ)

 

動作音は?

A10サイクロンSAプラスの動作音は「シャリシャリ」、「シュインシュイン」という感じでいかにも「回転している」ような音がします。※「ガコンガコン」系ではありません。

 

アクションスピードによって動作音が大きく変わります。スピードが低速→高速になるにつれ、動作音も大きくなる印象です。

 

スピードが最高速だとさすがに音が大きいですが、多くの方が楽しめる速度域の動作音はおどろくほど静かです。

 

わ た し
スピード最高速は人間離れした領域です。最速モードをつかう人は一握りでしょう。そのため動作音に関しては多くの方が納得できる静穏性を発揮していると思います。

 

騒音測定アプリでA10サイクロンSAプラスの動作音を計測

A10サイクロンSAプラスの動作音を無料アプリの騒音測定アプリで計測しました。

サイクロンSA+PLUSを騒音測定アプリで計測

※最速スピードでの各モードを1分間計測しての平均値です。本体を直接テーブルに置いての計測ですので浮かした状態よりも数値が大きいかもしれませんがご了承ください。

  • 白モード  =平均38〜39db
  • ピンクモード=平均45〜46db
  • 水色モード =平均57db
  • 緑モード  =平均50db
  • 黄色モード =平均46〜47db
  • 赤モード  =平均52db
  • 青モード  =平均43db

 

適した環境は?

あくまで私の環境ですが、家族と同居しています。自室は2階にあります。

階段&廊下

自室はすでにVRオナニー専用に環境改善しているため、サイクロン中にだれかに踏みこまれる心配はありません。

 

環境改善についてくわしくは→【親フラ対策】家族にバレないアダルトVRオナニー実現方法

 

A10サイクロンSAプラスのメンテナンスは?故障したら?

A10サイクロンSAプラスのメンテや故障が気になりますよね。それらについて。

 

メンテナンス性

A10サイクロンSAプラスはとてもメンテナンス性に優れています。

A10サイクロンSA+PLUS一式

本体自体は防水ではありませんが、汚れる箇所は「フタとインナーカップ」ぐらいで本体がガッツリ汚れることはほぼありません。汚れたらウェスなどで拭きとればOK。

 

専用ホールは洗ってくり返し利用できます。あまりオススメしませんが付属専用ホールの「メデューサ」は裏返しやすく洗いやすいタイプです。

メデューサを裏返し

 

専用ホール乾燥の注意点

裏返し洗いをした場合は裏返したまま乾燥させるのはNGです。ホールに負荷がかかり続けるためです。最悪ホールが裂ける可能性もないとはいえません。

 

かならず元の形に戻してから乾燥させましょう。

 

※メンテナンス・洗浄についてくわしくは→オナホの洗浄&メンテナンスまとめ【専用グッズも】

 

故障した場合

保証期間は購入日から3か月となっています。取説にトラブルシューティングと製品保証書の項目があります。サポートなどの問い合わせ先も記載されています。

 

A10サイクロンSAのインナーカップ(ホールを入れるパーツ)はアフターパーツとしてこちらで入手できます。カップのツメ部分が破損してしまった場合にどうぞ。

 

A10サイクロンSAプラスの口コミ

クチコミさん
自身があおむけになり上から吊るしてつかうつもりでしたが、それだと本体の向きでローションが垂れやすくなるのに気付きました。なのでサイクロン本体を立てて置き、上からかぶさるようにするとふつうにイケます。底面がスベリ止めになっているのもミソです。
それなりに重量があるので別売りのスタンドベーシックかPC用のモニターアーム加工で固定するといいと思います。
クチコミさん
クチコミさん
ホール交換がカンタンです。マグネットで固定される仕組みに納得です。洗浄しやすいのもいいですね。
ふつうの手コキでは通常味わえない回転系のエクスタシーが斬新でした。
クチコミさん
クチコミさん
PCとの連動は専用の「無線アダプター」と「専用ドライバ」が必要です。アダプタは別売り、ドライバはメーカー公式HPよりダウンロードできます。圧縮ファイルなので解凍してからインストールしましょう。
不満はあります。重さです。あと本体底の面を平らにすればよかったかと。円筒状なのでテーブルに置きづらいです。
クチコミさん
クチコミさん
ピストン系とちがいサイクロン=回転式のうごきのため、息子を根元まで入れすぎると毛が巻き込まれがち。初めてのひとはそこに注意してね。
電動オナホならではのパワー感がたのしめます。ローションはセルフより多めにつかったほうがいいかと。
クチコミさん
クチコミさん
アダフェスの「+1D」とシンクロする電動オナホです。手持ち動画から対応するフェラ動画を見返しちゃいました。
ネットには専用ホールのかわりに他社のオナホをつっこむ人もいるとかどうとか。あれだと肉厚のオナホの場合かなりキツくなっちゃうみたい。
クチコミさん
クチコミさん
専用ホールもけっこうあるため将来への投資という意味でもとくべつ高価とは思わない。ストレス解消面では計り知れないリターンが得られた。
人生でイヤなことがあってもこれで忘れられるという保険を得た感じ。いいものです。
クチコミさん
クチコミさん
通販ショップによっては旧型をSAプラスと誤表記してるのもあるんだとか。見た目は大きな違いがないから注意しないとね。やっぱ買うなら有名なショップがいい。
専用アダプターは別売になってその分お得になったんだね。
クチコミさん

※口コミで「上からかぶさるように」とありましたが、これは花瓶のように立ててつかうという意味のようです。

 

その場合は防振クッションを底にしくと騒音・振動防止になります。パワーが大きいモードでもだいぶ抑えられます。

サイクロンに防振パットをしく

 

※口コミで「平らにしてくれ」という意見を見かけたのですが、たしかに平らではないものの、テーブル等に起きやすいような固定ボッチ的な突起はあります。

A10サイクロンSA+PLUSの底面

※赤く囲った箇所。安定はとくに問題ないかと思います。暴れて転がったりはしません。

 

A10サイクロンSAプラスのコスパは?

アダルトグッズ通販NLSでのA10サイクロンSAプラスの価格は、

A10サイクロンSA+PLUS(プラス)本体一式=21,890円(税込価格)

ほかのアダルトグッズ通販HPでも上記の価格で販売されているようです。※記事作成時。

 

このA10サイクロンSAプラスの価格を1年間で割ると1日あたり約60円。

わ た し
この1日60円をどう考えるか?は人それぞれですが、わたしは十分納得です。ストレス解消という意味でもまちがいなく人生にプラスになっています。

 

さらにA10サイクロンSAプラスを追及される方は、スタンドベーシックでの固定や専用ホールや専用ローションの選択肢もあるかと思います。※以下、すべて税込価格です。

  • スタンドベーシック=6,490円
  • A10サイクロンSAプラス専用ホール=2,750円
  • VORZE スムースローション(VORZEシリーズ専用設計の純正品)=748円

 

ちなみにA10サイクロンSAプラスは老舗アダルトグッズ通販「NLS」から通販しました。

 

わ た し
A10サイクロンSAプラスはAmazonにも取り扱いがあるものの、割高&ポイント割引もできなかったためNLSにしました。ポイントバックも魅力でした。

 

ちかごろの巣ごもり需要が影響してか、アダルトグッズの需要が増していると感じます。

 

同じVR連動対応グッズのU.F.O SAは7月ごろから他通販ショップでも欠品が相次いでいます。

 

この手のグッズはいつ入荷するかはわからないのでA10サイクロンも在庫があるときにゲットするのが吉です。A10サイクロンSA +PLUS(プラス)の詳細を見る

 

ほかに回転系の電動オナホってある?

大切なことを言うと「アダルトVR連動対応の回転系電動オナホ」はA10サイクロンSAプラスのみです。

 

それをふまえてほかの回転系の電動オナホはいくつかあります。※記事作成時の時点です。

 

初代A10サイクロン

2009年発の「初代A10サイクロン」はいまでも販売されており根強い人気があります。初代A10自体は安価ですが、動かすには別売りのR-1スターターセットと電池計6本が必要です。

 

Happiness Cup

初代A10サイクロン+R-1スターターセットとほぼ同価格なのがHappiness Cupです。

 

充電式のHappiness Cupはローリングとピストンの融合というべき動作が特徴の電動オナホです。A10サイクロンSA専用ホールがジャストフィットするとかしないとか…?

 

TENGA VACUUM GYRO ROLLER(テンガ バキュームジャイロローラー)

あのTENGAの回転系電動タイプです。回転だけでなくバキューム効果も得られるスグレもの。

 

さすがTENGAと唸(うな)るデキですが、サイクロンSA+PLUSよりも価格が高く、装着するTENGAも専用タイプかつ使い捨てです。(オリジナルバキュームカップ対応します)

 

サイクロンアクションに特化したTENGAジャイロローラーもあります。バキュームレスですがバキュームジャイロローラーよりもかなりリーズナブルです。

TENGAジャイロローラーセット

 

絶頂! 爆転フェラボンバー

この項目で最安品が爆転フェラボンバーです。バッテリーレスで軽量・コンパクト、太い低速トルクがウリです。A10サイクロンシリーズにはないランダムモードを搭載。一部のA10サイクロン専用カップと互換します。

 

結論・A10サイクロンSAプラスのデキはまさに「家電レベル」

「性家電」というワードにおもわず納得のA10サイクロンSAプラス。

 

A10サイクロンSAプラスにはアダルトグッズにありがちな怪しさやチャチさはまったくありません。本気で「家電」を目指した品質です。(安心の日本製)

 

価格は安い!!とは言いませんが、ひつような人には十分手の届く価格帯だと思います。

 

単体使用できますし、アダルトVR連動作品も2,700本以上あります。さらに専用ホールも15種類あるため快感のバリエーションはかなり幅広いです。

 

オナホではない外見、本体の質感と剛性感、高性能モーター・ギアによるバリエーション豊富なアクション性、静穏性を追求した設計…これらは従来の電動オナホとは別次元の仕上がりです。

 

A10サイクロンSAプラスを日本のスポーツカーで例えるならWR-XやランエボⅩ、NSX-R、GT-Rクラスです。所有するよろこびも与えてくれる電動オナホがA10サイクロンSA +PLUS(プラス)です。

 

この内容の情報があります

-オナホール・オナニーグッズレビュー
-