VRゴーグル一覧

アダルトVR目的でOculus Quest 2買う人への注意点

 

Oculus Quest2本体のみ

Oculus Quest2を購入しました。

さっそくアダルトVR視聴についてからはじめます。

Oculus Quest2でアダルトVRは見れるの?

主要なアダルトVR配信サイトをまとめました。

  Oculus Quest2対応
FANZA
アダルトフェスタVR
SODプライム ×
MGS動画 ×

上図のとおりSODプライム、MGS動画はOculus Quest2視聴不可です。

 

Oculus Quest2用のアプリやゲームはOculusストアで入手しますが、アダルトVRは専門のサイトから入手します。それについて次項でお伝えします。

 

Oculus Quest2でアダルトVR視聴はどこから?

Oculus Quest2で楽しめるアダルトVRを扱っているサイトは主に2つ。

  • FANZA(旧DMM.R18)
  • アダルトフェスタVR

この2サイトを抑えればほぼすべてのアダルトVR作品を網羅できます。

 

どちらのサイトもアプリ対応しており、Oculus Quest2で快適にアダルトVRがたのしめます。

 

FANZA(旧DMM.R18)

かつては「DMM.R18」でしたがいまは「FANZA」と名称が変わっています。

 

FANZAは10,000タイトルオーバーのアダルトVR作品があります。その内、5,000タイトル強が独占作品です。※独占作品はFANZAでしか見れない作品です。

 

DMM VR動画再生プレイヤーがQuest2に対応しています。ダウンロード、ストリーミング視聴OK。本体ストレージが気になる方はストリーミング視聴をおすすめします。

 

FANZAの無料VRサンプル動画ページはこちら

 

アダルトフェスタVR

FANZAよりも先にアダルトVRを扱ったのがアダルトフェスタVRです。

 

VR本数はFANZAにおよばず、Oculus Quest2単体でのストリーミング視聴はできませんが、アダルトフェスタVRはその独創的なコンテンツが魅力です。

 

※アダフェスVRの視聴方法はこちらでくわしく解説しています。対応アプリも→アダルトフェスタVRを視聴する

 

アダルトフェスタVRはVRAV業界に先駆けて60fps高画質アダルトVRや、4K解像度アダルトVR、人気女優さんのライブ配信、さらにはVR連動といったアダルトVRと電動オナホが連動する機能もリリースしています。

 

アダルトフェスタVRの無料VRサンプル動画ページはこちら

 

Oculus Quest2、Oculus Questのスペックをまとめました

Oculus Questを一回りコンパクトにしたOculus Quest2。より軽量で取り回しもアップしました。

 

Quest2アイキャッチ用

Oculus Quest2↓

Questアイキャッチ用

Oculus Quest↓

価格 64GB=37,100円、256GB=49,200円 64GB=49,800円、128GB=62,800円
プロセッサー Snapdragon XR2 Snapdragon 835
解像度(両目での値) 3,664×1,920 2,880×1,600
トラッキング性能 6dof 6dof
最大リフレッシュレート 120Hz(72→90→120Hzに対応) 72Hz
ピント調節 IPD(←→)可能 IPD(←→)可能
本体重量 503g 571g
バッテリー 2.5~3時間程度 2時間程度(3648mAh搭載)
アダルトVR対応アプリ DMM VR動画プレイヤー、4DMEDIAPLAYER、DeoVR Video Player DMM VR動画プレイヤー、4DMEDIAPLAYER、DeoVR Video Player
その他 コントローラー×2付属(単三電池使用)、Oculus Link対応でPC接続可能 コントローラー×2付属(単三電池使用)、Oculus Link対応でPC接続可能

Oculus Quest2は旧Questよりかなり性能アップしています。

新旧Oculus Questシリーズ

Oculus Quest2がとくに優れている面は、

  1. Qualcomm製高性能プロセッサー搭載
  2. 画質アップ
  3. リフレッシュレートが大幅アップ
  4. 軽量化
  5. プライスダウン

といったところ。これらは当時のPCVRをも凌駕しています。

 

PC用もふくめた他のOculus製VRゴーグルは販売終了となり、いまはQuest2一択という状況です。

 

Oculus史上、最も高解像度なOculus Quest2

Oculus Quest2はOculus製VRヘッドセットの最高の解像度を誇ります。

 

旧Oculus Questは2,880×1,600解像度の有機ELディスプレイだったのに対し、新型のOculus Quest2は3,664×1,920の解像度で約1.5倍のスペックとなっています。(いずれも両目での値)

 

その高解像度ぶりはOculus Quest2のホーム画面でも感じられます。個人的な感想ですが「空間の質感」が前機種とは段違いなのです。旧Questをお持ちの方は「あ、違うな」と思うハズ。

 

文章で語るよりも以下の比較動画をチェックされるとよいでしょう。発色うんぬんよりも画像のハッキリ感が際立ちいい画だなと感じられるかと思います。

※旧Quest、Quest2、RIFT S(PCVR)での比較映像です。画像クリックで比較場面からスタートします。Quest2の高解像度ぶりはアダルトVR視聴でも顕著です。

 

アダルトVRは無料のサンプル動画があります。サンプルと言えどれっきとした作品で、Quest2でのアダルトVR視聴がしっかり体験できます。

 

※以下はサンプル動画のページです。サンプルを見るにはそれぞれのアカウントが必要です。

  • FANZA
  • アダルトフェスタVR

 

64GB、256GBどのOculus Quest2を選べばいい?※追記あり

Oculus Quest2は新たに「256GB」が登場しています。

  ストレージ容量
Oculus Quest 64GB、128GB
Oculus Quest2 64GB、256GB

旧Oculus Questは最大128GB、Quest2は256GBとストレージが倍になっています。

 

わ た し
…で、64GB、256GBどちらのOculus Quest2を選ぶか?ですが、アダルトVRを楽しむなら「256GB」です。

 

256GBの理由はアダルトVRデータはゲームよりもダントツに容量を喰うからです。

 

アダルトVRは超高画質作品ならびにベスト盤などの長尺モノが顕著です。

ファイルサイズ

158分の作品のファイルサイズです。参考までに。

 

わ た し
「ならデータを消せばいいじゃないか」と思われるでしょうが、データを出し入れする手間とそれにかかる時間があります。アダルトVRはそう毎日おなじものを見るワケじゃないので、本体ストレージにある程度の本数を保存できるストレージ量をえらぶほうが結果ラクだし、時短にもなります。

 

ともあれ、Oculus Quest2でアダルトVRもゲームもたのしみたい方は「256GB」が無難です。

 

FANZAはストリーミング視聴可能です。本体ストレージをつかわずにVR作品が楽しめます。

 

※2021年7月28日追記で、FacebookはOculus Quest2 64GBを発売終了し、価格据え置きで128GBモデルを新たに発売するそうです。気になる発売日は8月24日とのこと。

 

Oculus Quest2はどこで買えるの?最寄りのショップもOK

Oculus Goと旧Quest

Oculus GoOculus QusetといったOculus製品の購入はこれまで「ほぼ」Oculus公式HPのみでしたが、Oculus Quest2はOculus公式HP以外のショップでも入手できます。

 

ざっと以下にまとめました。

予約購入可能な店舗(記事作成時の状況です) 64GB版の価格(以下、すべて税込)
Amazon 37,180円
ヨドバシ(.com) 37,180円
ビックカメラ(.com) 37,180円
楽天市場 37,180円
GEO Online 37,180円
ヤマダウェブコム 37,180円
TSUKUMO 37,180円
ベスト電器(PayPayモール店) 37,180円

 

 

このように地方住みの方でもおなじみのショップでOculus Quest2を入手できるのがうれしいですね。

 

私事で恐縮ですが、Oculus Quest2はOculus公式HPのストアより購入しました。

その際の注意点を以下にまとめます。

 

Oculus公式HPでOculus Quest2を購入する際の注意点

たいしたことではないですが知っておいてほしい点があります。

 

それはお届け先の「住所入力」です。

 

Oculus公式ストアは海外通販のため、お届け先の住所入力がローマ字入力となります。

 

具体的な例を挙げると注文時の「チェックアウト」画面での配送先情報の入力です。

Oculus Quest2チェックアウト画面「配送先情報」を入力

「配送先情報」はローマ字(あるいは数字)で、

  • 配送先(住所1行目、住所2行目)
  • 市区町村
  • 都道府県・州
  • Postal Code(郵便番号)
  • 電話番号(日本は+81)
  • メールアドレス

を入力することになります。

 

※住所入力については「住所入力 ローマ字」とググると便利なサイトさんが見つかります。

 

それともうひとつあります。

そもそもローマ字で入力することに加え、入力フォームにどう入力したらいいのか、項目すべてを埋めないといけないのか、という点もわかり辛いです。(ただでさえ住所欄が2か所あったりで…)

 

で、結局、

わたしはこう入力して注文が通りました

わたしは項目はすべて埋めました。

配送先(住所1行目、住所2行目)は、住所1行目は都道府県、市区町村をつづけて入力。

住所2行目は大字(おおあざ)、番地を入力しました。

※「これはビジネス住所です」、「これが請求先住所です」にはチェックなし。

 

これで注文が通っています。

 

※くれぐれもわたしのケースですので、参考程度にとどめておいてください。

 

無事にOculus Quest2が到着しました。配達は郵便局(車での配達)さんでした。

Quset2 (1)

※画像のQuest2はオプション品のエリートストラップを装着しています。純正品はOculus Goのような布製のストラップになります。

 

この内容の情報があります

-VRゴーグル一覧
-,